福岡では定番の具材

豚骨ラーメンの特徴は豚骨ベースならではの独特の臭みと濃厚があるスープに細麺が絡み合うラーメンと言えるでしょう。これだけでも十分に美味しい豚骨ラーメンなのですが、色々なトッピングを入れることでその美味しさが数倍にもなりますので、豚骨ラーメンを今まで避けて食べてこなかった方はぜひ一度食べてみてほしいラーメンです。今回はそんな豚骨ラーメンのトッピングについてみなさんにご紹介させていただきます。

ラーメンまず豚骨ラーメンの定番はチャーシューやねぎなのですが、今回は定番中の定番であるこれ以外の食材をご紹介します。まず、豚骨ラーメンのあの独特な臭いが苦手という方におすすめの食材があります。それは紅ショウガです。紅ショウガと聞くと焼きそばをイメージするかもしれませんが、この紅ショウガは豚骨ラーメンにも合います。独特の臭いを放つ豚骨ラーメンに入れることでその臭みが軽減され、不思議と豚骨ラーメンが美味しく食べられるようになります

そして、福岡県のソウルフードである明太子。この明太子はご飯に乗せて食べることはもちろんですが、豚骨ラーメンに入れてもその美味しさはやはり変わりません。豚骨ラーメンに入れて食べることももちろんおすすめなのですが、本場福岡の方達は豚骨ラーメンと明太子ごはんを注文して、食べるという方も多いです。いかがでしたでしょうか?独特のラーメンで知られている豚骨ラーメンですが、どんな食材にもこの豚骨ラーメンは相性が良い食材が多いのでぜひオリジナルの食材を探してみるのも楽しいかもしれません。

トッピング

のれん豚骨ラーメン発祥の地である福岡県では、毎日のように県民が食べている豚骨ラーメン。この豚骨ラーメンは細麺と濃厚なスープが絡み合い、細麺とスープ意外にはチャーシューとねぎだけといったトッピングも決して少なくありません。しかし、豚骨ラーメンには、この他にも多くの具材が存在しており、もちろん好き嫌いはありますので、その点は仕方ないですが多くの人に愛されている豚骨ラーメンと相性が良い具材を今回は豚骨ラーメンの良さをまだ知らない方にご紹介させていただきます。

まず、豚骨ラーメンと相性が合うということで知られているきくらげ。このきくらげの特徴は何と言ってもその食感です。こりこりとした食感は豚骨ラーメンとの相性も良く、豚骨ラーメンの定番トッピングとして多くのお店で使われている食材です。きくらげには少し大きめのきくらげと千切りにしたきくらげがありますが、豚骨ラーメンでは千切りにしたきくらげが好まれています。ちなみに豚骨ラーメン愛知で食べれるお店でも、千切りにしたきくらげがトッピングに追加できるようになっています。

次にご紹介するトッピングは、高菜です。高菜は豚骨ラーメン同様に九州のソウルフードとして定番の食材です。豚骨ラーメンはその性質上、独特の臭みがあるのですが、その臭みと高菜の食感、そして風味がやはり豚骨ラーメンと相性が良く、お店だけではなく家で豚骨ラーメンを食べる際にもこの高菜を入れて豚骨ラーメンを食べている家庭も多いのです。

定番の具材

豚骨ラーメンは80年前に福岡県久留米市で発祥され、今では豚骨ラーメン専門のラーメン店がオープンするほど豚骨ラーメンの人気は衰えることを知りません。しかし、そんな豚骨ラーメンですが、九州で生まれたラーメンということもあり関東など別の地域では全く食べないということも多いこの豚骨ラーメン。今回はその豚骨ラーメンの中でも定番中の定番とも言える具材をみなさんにご紹介させていただきます。

店主まず、豚骨ラーメン自体を知らないという人はほとんどいないかと思いますが、その名前から油が多くこってりといったイメージを持たれている方は食べたこともないのではないでしょうか?豚骨ラーメンの定番トッピングは何と言ってもチャーシューと小口切りのねぎと言えるでしょう

豚骨ラーメンの多くは細麺で、その細麺にシンプルに合うのがチャーシューとねぎといったシンプルなトッピングになります。そこに豚骨で出汁を取り、お店によって隠し味をミックスした濃厚なスープが絡み合い絶妙な味を生み出すのです。味は濃いめなのですが、細麺ということから意外とあっさり食べられてしまうラーメンで本場福岡県ではおやつやお酒を飲んだあとの締めにも最適なソウルフードとなっています。

豚骨ラーメンとは?

ら~めん屋寒い時期にはもちろんのこと今ではもう季節関係なしに日本人の定番ソウルフードであるラーメン。一言でラーメンと言っても、醤油ラーメンや味噌ラーメンなど様々な種類があるラーメンですが、その中でも今回は豚骨ラーメンについて皆さんにご紹介させていただきます。この豚骨ラーメンと言えば福岡県なのですが、そもそも豚骨ラーメンが発祥した地域をみなさんはご存知でしょうか?福岡の中でも博多ラーメンが豚骨ラーメンと勘違いをされている方が多いですが、実は福岡県の中でも久留米市がこの豚骨ラーメンの発祥の地なのです。知っている人は知っていたかもしれませんが、意外とこの事実を知らない方も多かったはず。そして、この博多ラーメンは発祥してから今年で80年を迎え、戦前からある食べ物なのです。

そして、発祥の地である久留米市なのですが、久留米市で屋台を出していたお店がそのルーツとされています。そのお店は長崎のチャンポンと横浜の中華そばをメインに提供していたお店だったのですが、新メニューを提案したいということで、豚骨スープを考え、1937年にお客に提供したのが豚骨ラーメンの始まりとされています。そのお店は80年が経った今でも店主の想いを引き継ぎ営業していて、もちろん豚骨ラーメンも提供しています。このお店が豚骨を煮込んだ白濁スープに細麺といった定番の豚骨ラーメンを生み出し、今では福岡県や日本だけでなく、世界からも豚骨ラーメンブームがきていると言えるほど人気のラーメンになっているのです。