トッピング

のれん豚骨ラーメン発祥の地である福岡県では、毎日のように県民が食べている豚骨ラーメン。この豚骨ラーメンは細麺と濃厚なスープが絡み合い、細麺とスープ意外にはチャーシューとねぎだけといったトッピングも決して少なくありません。しかし、豚骨ラーメンには、この他にも多くの具材が存在しており、もちろん好き嫌いはありますので、その点は仕方ないですが多くの人に愛されている豚骨ラーメンと相性が良い具材を今回は豚骨ラーメンの良さをまだ知らない方にご紹介させていただきます。

まず、豚骨ラーメンと相性が合うということで知られているきくらげ。このきくらげの特徴は何と言ってもその食感です。こりこりとした食感は豚骨ラーメンとの相性も良く、豚骨ラーメンの定番トッピングとして多くのお店で使われている食材です。きくらげには少し大きめのきくらげと千切りにしたきくらげがありますが、豚骨ラーメンでは千切りにしたきくらげが好まれています。ちなみに豚骨ラーメン愛知で食べれるお店でも、千切りにしたきくらげがトッピングに追加できるようになっています。

次にご紹介するトッピングは、高菜です。高菜は豚骨ラーメン同様に九州のソウルフードとして定番の食材です。豚骨ラーメンはその性質上、独特の臭みがあるのですが、その臭みと高菜の食感、そして風味がやはり豚骨ラーメンと相性が良く、お店だけではなく家で豚骨ラーメンを食べる際にもこの高菜を入れて豚骨ラーメンを食べている家庭も多いのです。

Pocket